勃起不全

勃起不全と果物って何か関係ある?

勃起不全や勃起障害、EDは生活習慣や喫煙などに大きく影響を受けることが研究や調査で分かっています。

 

そしてその生活習慣と勃起について以前アンけー調査が行われたことが過去にありました。そのアンケートの中で勃起時の硬さを果物や食べ物でで4段階評価するというものがありました。

 

評価1はこんにゃくの硬さ
評価2はみかんの硬さ
評価3はグレープフルーツの硬さ
評価4はりんごの硬さ

 

気になるアンケートの結果は

 

りんごの硬さが43% グレープフルーツの硬さが35.5% みかんの硬さは12.8 こんにゃくの硬さは8.7%という結果でした。

 

この結果から気になるのはこんにゃくの硬さの8.7%というのです。
8.7%の方が勃起してもコンニャクのようにフニャフニャだという事・・・
性行には全く役に立たない感じです。

 

それとは反対にしっかりカチカチに勃起しているのが43%と半分以下というのも気になりますよね?

 

という事は多くの男性が多少なりとも勃起不全やEDの症状があるという事ですよね。

 

アンケートをした方の喫煙する方で「1日2箱以上」という方の72%が勃起に自信が無いという結果が出ています。「1日1箱以下」「数本程度」という方でも50%ぐらい勃起に自信が無いと言っており喫煙者のほとんどが勃起に自信がないという結果になりました。
簡単な話、喫煙者のほとんどが勃起に自信がない、勃起不全、EDだと言いう事になるのです。
でも本人にED、勃起不全の自覚が無い場合が多く見受けられます。

 

「血糖値」、「コレステロール」、「血圧」の高めな方にもアンケート結果が「みかん」「こんにゃく」の割合が多くでました。
勃起不全、EDの方が多いということです。

 

糖尿病は生活習慣病の中でも特に勃起不全、EDのリスクが高いと言われています。

 

普段からリンゴの硬さを目指し食生活や生活習慣を正していきましょう。

 

勃起と果物は単なるたとえ話で直接は関係なかったのです。